OHSAS18001:1999
ILO OSH
労働安全衛生に関するISO規格

該当規格と概要

@ 国際的に活動している審査機関が集まって、審査登録に使用できる規格として作製したもの
OHSAS18001:1999 労働安全衛生マネジメントシステム−仕様
(Occupational Health and Safety Management Systems −Specification)
OHSAS18002:2000 労働安全衛生マネジメントシステム−OHSAS 18001の実施の為の指針
(Occupational Health and Safety Management Systems −Guidelines for the implementation of OHSAS 18001 )
  現在第三者認証が可能なシステムで
  他のISO品質マネジメントシステム(ISO9001)、ISO環境マネジメントシステム(ISO14001)と同時に認証を
  取得する合同審査も行われています。

A ILO(世界労働機構)がISOとの話合いのもとにまとめた世界基準
ILO-OSH 2001 「労働安全衛生マネジメントシステムに関するガイドライン」
(Guidelines on occupational safety and health management systems ILO-OSH 2001)
  企業内での労働安全衛生マネジメントシステムを構築する為のガイドラインで、この基準に沿って設定された
  Bが活用されています。

B 労働安全衛生マネジメントシステムに関する指針 (平成18年3月10日付厚生労働省告示)
 厚生労働省主導による、企業内における労働災害の防止を図る為に導入する労働安全衛生マネジメントシステム「労働安全衛生マネジメントシステムに関する指針の改正について(平成18.3.17基発第0317007)」と共に扱われ各企業で実施されつつあります。
 この指針は第3者認証を規定していませんが、労働基準監督所長の実施確認を受けることによって、特典を得られるシステムになっています。

労働安全衛生マネジメントシステムについて

労働安全衛生マネジメントシステムについて (新規ウィンドウで開きます)

労働災害防止とリスクアセスメント・機械安全事例集

労働災害防止とリスクアセスメント・機械安全事例集 (※PDF資料)

OHSAS18001:1999
指導内容:
第三者認証取得までの、企業内の労働安全衛生システム構築とこれに伴う教育・指導をお引き受けします。
諸費用:別途御見積させて頂きます。
「労働安全衛生マネジメントシステムに関する指針」
指導内容:
この指針に基づいた労働安全衛生システムの構築には、
  @リスクアセスメント(危険性又は有害性等の調査)に関する調査
  A企業方針に基づく P-D-C-A(継続的改善)の実施と、労働安全衛生マネジメントシステムの
   適切な処置
を実施することが必要です。
このことに必要な教育・指導をお引き受けします。
リスクアセスメント
指導内容:
「労働安全衛生マネジメント」システムの一部として、ご指導します。


技術士による確かなコンサルティング! まずはご相談下さい。

  コンサルティング費用一覧表
  ISO認証取得 コンサルティングスケジュールの事例
  当センターの特徴            TOPへもどる